消えた旅

今年の予定では今頃サハリンに行っていた。まさかこんなことになるとは。 ユジノサハリンスクの街はストリートビューがある。走ってみた。 数年前の5月の映像。寒々している。小さな線路を渡り進んで行く。 更に街中へ入っていくと建物がカラフルだ。建物の一階に「аптека」という看板をよく目にする。調べてみたらドラッグストアのよ…
コメント:0

続きを読むread more

思い出

グアテマラからコスタリカまでバスで旅をしたことがあった。コスタリカに長居をしたら、またバスに乗りメキシコまで戻るのが億劫になってしまった。そこでキューバまで飛行機で飛んで済ましたのだった。 コスタリカの先、パナマに行く手もあったのだが、やはりバス疲れをしたのだろう。 パナマへの国境を見てみたいがストリートビューは無い。パソ・カノ…
コメント:0

続きを読むread more

阿弗利加(8)

モザンビークの西隣のジンバブエは少しストリートビューがある。当然国境など見られるわけがない。首都ハラレの街並み。 更に西側のザンビアの国境にはカリバ湖がある。 CATVで「LION」という映画をやっていた。インドで迷子になった子がタスマニアの人の養子になり、成人してから家族探しをする。何とグーグルアースで見つけるのだ…
コメント:0

続きを読むread more

阿弗利加(7)

エスワティニ王国からモザンビークへの国境はどうなっているのだろう。国境まで進んでいくとビューが消えてしまう。そして入国してもその先はまったく表示されていない。 360ビューはいくつかの画像があるだけだ。 首都マプートの東の沖合にあるインハカ島の海はただの海だった。
コメント:0

続きを読むread more

阿弗利加(6)

 北西に1000キロほど走りエスワティニ王国国境へ来ると、極めてシンプルなボーダーゲートが見えてきた。旧国名、スワジランド王国の方が聞き覚えがある。 入国すると未舗装の道が続く。自然豊か。動物は見られないかと走ってみるが。 びっしりと家並みが見えるところにきた。 この国はモザンビークにも接している。
コメント:0

続きを読むread more

阿弗利加(5)

 レソト王国の首都マセルには国境ゲートが必ずあるだろう。左側通行の道を進んでいくとゲートが見えてきた。この先のビューが消える。レソト側のゲートの先から再びビューが現れる。モホケア川を渡る。入国すると急に道路が良くなる。 高原地帯を気持ちよく走り、国境ゲートはいくつもあった。 映像では治安が良くないとは見えないのだ…
コメント:0

続きを読むread more

阿弗利加(4)

 あとストリートビューの充実している国は南アフリカ共和国。そこまでひとっ飛び。 「ままかり」でも訪れたこの国、やはり最南端に行ってみたい。喜望峰辺りも歩き回れる。更に半島の突端まで歩道を進むことが出来た。灯台のそばの見晴らし台が限界。眼下には美しい海が広がっていた。  この国の中に小さな国が二つある。国境はどうなっているのだろう…
コメント:0

続きを読むread more

阿弗利加(3)

何故かナイジェリアはストリートビューが充実している。首都はもちろんラゴス辺りも。  ネットにある旅行記を見ると「行かない方がよい国」とある。つまり治安が良くないため。でも地図の中では自由に回れる。 歩いていると教会がたくさんある。モスクが見当たらない。すると国の南部はキリスト教中心とのことだった。
コメント:0

続きを読むread more

阿弗利加(2)

ケニアでの動物探しはダメでした。いまバッタが大発生しているそうです。植物が食い尽くされそうです。 ポルトガルのホステルで同室になった人が言うには、「ちょっとダカールに行ってくる」とのこと。セネガルの首都、遠いというイメージしかなかったのですが、考えてみれば近いのです。その時、行ってみようかなと思ったものでした。 国道の脇には生活…
コメント:0

続きを読むread more

阿弗利加の国々

 アフリカはより遠くになってしまった気がする。それでもバーチャルで。  ストリートビューはほとんどの国で見ることが出来ない。ざーっとみてみると、セネガル、ナイジェリア、ケニア、南アフリカが対応している。  そこでケニアを回ってみれば野生動物が写りこんでいるのではと思いやってみた。  Meru National Park を回っ…
コメント:0

続きを読むread more

ままかり再訪(バングラディシュ)

何故かバングラディシュはストリートビューが充実している。ダッカは裏道まで詳細に歩くことができる。 訪れた7年前はちょうどゼネストの最中だったため、地方のボグラに滞在していた。 こういう雑踏を歩くのも楽しい。地方の見どころもたくさんある。最近、インド東部やバングラディシュをサイクロンが襲った。デルタ地帯は大丈夫だろうか。 …
コメント:2

続きを読むread more

ままかり再訪(シリア)

シリアに訪れたのは9年前。それから内戦があり収まりそうがない。パルミラ遺跡についてはニュースで破壊されていよる映像があった。地図では航空写真のみ。それでも破壊されている様子に見える。 ヨルダンでは死海に入った。対岸はイスラエル。マップならばワンクリックで行ける。  次はバングラディシュだが、サイクロンで大きな被害が出てい…
コメント:0

続きを読むread more

ままかり再訪(アドリア海)

クロアチアに行ったときモンテネグロにも足を伸ばした。コトルは良かったが他に見どころはあるのだろうかと思ってブラブラ回ってみる。国立公園くらいで他にあまりない。ブドヴァの辺り、アドリア海を見ながらバーチャルドライブをしてみた。 旅の終わりはクラーゲンフルトからウィーンに飛んだのだが、この街は見ていない。ストリートビューも見れ…
コメント:0

続きを読むread more

ままかり再訪(ウズベキスタン)

ウズベキスタンはモスクなど見所が多かった。あまり憶えていないが、初日のフリーの街歩きが思い浮かぶ。遠くまで歩いた。道を聞きながら「鉄道博物館」まで。タシケントだというのに残念ながらストリートビューが見られない。それでも博物館は360度ビューがあった。 ヴァーチャルで中にも入ることが出来る。随分きれいになったものだ。「ここから27番…
コメント:0

続きを読むread more

ままかり再訪(モロッコ)

 今はCOVID-19ウイルスで、海外旅行も出かけられない。それならばバーチャルで旅をしようか。とりあえず過去に行ったところはどうなっているか気にかかる。ままかり旅行会で訪れたモロッコを見てみることにした。  最初泊まったところがカサブランカのシェラトン。ビールの高いのに驚き、近くのマーケットに買いに出かけたことがあった。残念なが…
コメント:0

続きを読むread more

MYマスク

 今日もまた届かぬアベノマスクかな  梅雨空のなか、食料品の買い物に出る。また新たに作ったマスクをして。飛沫を受けないためというより、飛沫をかけないために。通気性があるためウイルスは通過してしまうだろうが、これで良い。止めゴムは左右異なる色にした。右を黒にして付けると上下を間違うこともない。それにしても「アベノマスク」のことは…
コメント:0

続きを読むread more

特別定額給付金申請書到着

今月1日に申請した定額給付金が先週土曜日に銀行振り込みされていた。受け取ったあと郵便局から振込通知書がポストに届いた。振り込まれれば通知はいらないのにと思っていた。 すると昨日に今度は郵送用の申請書が届いた。オンライン申請があった所には申請書は不要ですが、市役所は忙しいのでしょう。封筒の中を見ると「詐欺に注意」のパンフレットが入っ…
コメント:0

続きを読むread more

ハンドメイド・マスク

ニューコロナウイルスは当分収束しそうもない。同じ使い捨てマスクを大事に一か月使用したが、アベノ・マスクは一向に届く気配がない。そこで手作りをしたのです。もう少し夏向きの生地にすればよかったかな?
コメント:0

続きを読むread more

申請その2

給付金の申請を深夜ならば空いていると思いスマホで入力をすると受付画面が出た。 この時とばかり順を追って、入力しづらいスマホを操作して申請が完了した。 登録メールアドレスに3つのファイルが送られてきた。 この申請作業は誰でも簡単にできるか疑問に思った。 そしてこれを真似た詐欺が現れるだろうと危惧をする。
コメント:0

続きを読むread more

特別定額給付金申請

今日から特別定額給付金のオンライン申請が開始になった。 早速申請をしてみると、こんな画面が何回やっても現れてしまう。 どうせ期待はしていないが、いつ現金が手に入るやら。
コメント:0

続きを読むread more