ラマダンのマレーシア【最終回】

終点の目的駅につくとバトゥ洞窟は駅から歩いてすぐでした。大きな黄金の神様の横にはカラフルな階段が見えます。この300段ほどの階段を上ると洞窟があるのです。 階段に向かうと、たくさんのサルが寄ってきました。 参拝した後、路線バスで戻れればと思いましたが、バス便は無いようなので駅に戻りました。 そしてここ始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラマダンのマレーシア【21】

お昼はニョニャ料理。マレー人と中国人の混血の娘がニョニャとのこと。文化混合料理は爽やかで美味しかったです。 食後クアラルンプールに戻り自由時間となりました。 国鉄にのってヒンズー寺院に行ってみることにしました。 PUTRA駅に着くと列車はちょうど出たところ。次は1時間後です。 いくつか行先の違う列車をやり過ご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラマダンのマレーシア【20】

暑い中歩いていると冷たいものが欲しくなります。かき氷の看板がありました。マラッカ名物でその名は「センドル」。 丘に登るとタワーが見えてきました。 セントポールの丘には砦があります。 マカオにも似たものがありますねと、ガイドさんの説明がありましたが、ちょっと大きさが違います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラマダンのマレーシア【19】

マラッカの町に入り、またじゃらんじゃらん(散歩)観光です。独特な建物の変化があります。ここはオランダ風でしょうか。 マラッカ市場に入ります。 ここは海の安全の中国風寺院です。マストがそれを表しているとか。 これはモスクです。随分形が異なりますが、文化の融合が感じられます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラマダンのマレーシア【18】

ホタル観賞から80キロほど走り、夜遅くクアラルンプールのホテルに到着しました。翌朝、部屋の窓から外を見るとツインタワーが近くに見えました。 今日はマラッカ観光です。バスで往復します。 途中のサービスエリアで休憩しているとキラリと光りました。シジミチョウの一種です。翅の表は美しいのになかなか翅を開いてくれませんでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラマダンのマレーシア【17】

更に100キロほど走ってクアラセンゴールにきました。 今夜はツチボタルのホタル観賞です。マングローブの河の中を小舟で回るのです。船着き場には既にピカピカ点滅していました。 真っ暗な川の中を静かに進みます。近くに動物の気配がします。姿は見えませんが多くのサルがいるようでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラマダンのマレーシア【16】

国道を南下して途中サービスエリアに寄りました。 売店ではトロピカルフルーツがたくさんあります。ドリアンは見当たりませんがいろいろなカットされたフルーツを冷やして売られています。 チクをいただきました。甘~い。 ペナン島から130キロほど南下したクアラカンサーという町にあるウブディアモスクに立ち寄りました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラマダンのマレーシア【15】

海の方へ行ってみました。 水上生活者の村です。ここは何か観光用にデコレーションされていますが、もっと日常の村の生活が見えるところに寄ってみたかったです。 遠くにそれらしいところが見えました。 ペナン島ともお別れです。 今度はもう一つの橋を渡って本土に渡ります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラマダンのマレーシア【14】

更にジョージタウンを歩いていると横断幕が目にとまりました。ラマダンと書いてあります。モスクが近いのかなと思っているとここはインド人街。 ここはヒンズー寺院。 更に歩いていくとカピタンフリンモスクが聳えていました。 それぞれの宗教を認め合い国を作ってきたのだと実感します。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラマダンのマレーシア【13】

ペナン島の観光はじゃらんじゃらん(散歩)でやりました。 ジョージタウンは歴史的な町。まず旧ペナン州庁舎の前でバスを降りました。 この先にあるコーンウォーリス砦は交通制限があり行くことが出来ません。 ペナンとは木の名前からきているとのこと。ビンロウです。そんな話をしながらじゃらんじゃらんしているとセント・ジョージ教会にき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラマダンのマレーシア【12】

また国道を走りペナン島に向かいます。道路脇には延々とアブラヤシが続きます。 ペナン第2大橋にきました。全長24キロ、東南アジア最長です。脇に二輪用の道路があるのが東南アジアらしいです。 橋を渡りきると大きなビルばかりですが、眼下には水上生活者の建物も見られます。 ホテルには夜に到着。近くを散策すると地元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラマダンのマレーシア【11】

ガイドさんから「オラウータンを観るのではなく、オラウータンに観られに行くのです」と言われました。なるほど。金網の張られた通路を人間がぞろぞろと歩いていきます。オラウータン達は興味深そうに観ていました。 こちらは老オラウータンです。 ここの保護施設は火災にあい、それ以来オラウータン達は怯えて施設に近づかなくなってし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラマダンのマレーシア【10】

オラウータン保護島に寄りました。大きな湖に浮かぶ島にオラウータンが数十頭いるのです。この湖は錫を採ったあとの穴を湖にした人工湖です。 この桟橋から小舟に乗り島へ渡ります。 乗船券は無く腕にマークをされます。 もうすぐ島へ到着します。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラマダンのマレーシア【9】

100キロ以上走ってイポーの町にきました。 スコットランドの開拓者の邸宅、ケリーズキャッスルに寄りました。建設途中に病死したためその幽霊が出るとか。まあ幽霊には会えませんでしたが。 次は派手な中国風の洞窟です。ペラトン洞窟と称し中は寺になっています。 バスの窓からお墓が見えました。土葬ですね。 高速道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラマダンのマレーシア【7】

ヘリテージホテルに宿泊。明日はペナン島へ向かいます。途中いろいろな所に寄りながら。 朝市がありました。山の幸が並べられてあります。 こちらは蜂蜜を売っています。 高原に虫の姿を探しましたが、まだ朝のうちで見かけることはありませんでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラマダンのマレーシア【6】

列車は快適でバスより楽です。 1時間半ほど北上してスリムリバー駅で下車ました。 ここからキャメロンハイランドまでバスで登っていきます。 くねくねの坂のコーナーで無名の滝がありました。 標高は1000mを越えてやや涼しいです。夕食はきのこ鍋で温まりました。この時に注文したビールの大瓶が40リンギット(約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラマダンのマレーシア【5】

市内のシンボル的なツインタワー。ペトロナスツインで日本と韓国製のツインだとか。 中に入ってみると広い空間がありました。地震や台風がないので、次々に超高層のビルが建ち始めています。そのうち気候変調があったら大丈夫なのでしょうか。また更に高いビルを工事していました。 これから列車で北に向かいます。発車まで時間があるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラマダンのマレーシア【4】

独立広場に向かいます。1957年独立。広場はラマダンのためお店が全部閉まって静かです。 ロウケツ染めの工房へ寄りました。 クアラルンプール市内にはモノレールやLRT(高架鉄道)や国鉄が走っています。市内の渋滞対策でしょう、MRT(地下鉄)の工事の看板がありました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラマダンのマレーシア【3】

王宮の全体像です。 中の売店ではドリアンのアイスクリームが売られていました。街中ではドリアンを食べることが出来るでしょうか。 次に国立モスクに行きました。 そして中にも入れさせていただきました。 この階段は女性用の祈りの場への入り口です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more